株式会社シグリード

半導体LSI設計,IP開発,NAND解析,FPGAボード/FPGA評価基板販売,ディジタル回路設計,アナログ回路設計の株式会社シグリード(SIGLEAD Inc.)

半導体LSI設計,IP開発,NAND解析,FPGAボード/FPGA評価基板販売,ディジタル回路設計,アナログ回路設計の株式会社シグリード(SIGLEAD Inc.)

NEWS

当社が技術協力したSSDに関する東大の論文がISSCC 2011に採択

2010/11/15

当社と東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 竹内健准教授との共同開発の成果である論文「95%-Lower-BER 43%-Lower-Power Intelligent Solid-State Drive (SSD) with Asymmetric Coding and Stripe Pattern Elimination Algorithm」がISSCC 2011に採択されました。

本符号化アルゴリズムによりSSDの消費電力を43%削減し、なおかつBERも大幅に改善することが可能となります。詳細は2011年2月に開催されます、ISSCC 2011での東京大学 竹内研究室の発表をご聴講いただけると幸いです。発表の日時に関しましてはISSCC 2011のホームページにてご確認ください。

ISSCC 2011 http://isscc.org/
ADVANCE PROGRAM (PDF) : http://isscc.org/doc/2011/isscc2011.advanceprogramflyerfinal.pdf

ISSCC(International Solid-State Circuits Conference)は半導体のオリンピックとも呼ばれ、IEEEが主催する学会の中でも半導体業界で最高峰の国際学会です。毎年2月にアメリカ サンフランシスコにて開催されており、理論だけでなく試作品などの評価によって理論を裏付けした論文が採択される傾向があるため、産業界からも注目を浴びる学会となっています。そのため、発表内容はマスコミによって大きく報道されます。また、多くの企業や大学よりエンジニアが集まるため、情報交換の場としても盛んに活用されています。

以上

2010年11月15日
株式会社シグリード
代表取締役社長兼CEO 江角 淳