株式会社シグリード

半導体LSI設計,IP開発,NAND解析,FPGAボード/FPGA評価基板販売,ディジタル回路設計,アナログ回路設計の株式会社シグリード(SIGLEAD Inc.)

半導体LSI設計,IP開発,NAND解析,FPGAボード/FPGA評価基板販売,ディジタル回路設計,アナログ回路設計の株式会社シグリード(SIGLEAD Inc.)

NEWS

NEDO 助成事業に採択決定のお知らせ

2013/4/30

コンピュータ関連機器向けLSIの開発・設計・販売をする株式会社シグリード(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長兼CEO 江角淳)が、平成25年7月3日を払込期日とする総額49,980,000円の第三者割当増資を行いましたので、下記のとおりお知らせ申し上げます。

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募していたイノベーション実用化ベンチャー支援事業において、当社が応募していた「信号処理技術を使って実現する高信頼性・大記録容量SSDの開発」が採択されました。ここにお知らせいたします。

弊社はNANDフラッシュメモリに適した誤り訂正符号を独自に開発することに成功しました。NEDOからの助成金を有効活用することによって、この独自技術を搭載したSSDコントローラICを開発します。

SSDの普及によりパソコン、スマートフォン、タブレット、デジタル家電といった電子機器において、データ処理速度の向上により不快な待ち時間がなくなりつつあります。弊社が開発するSSDコントローラICによって、SSDの大記録容量化と長寿命化が進み、より多くのデータを快適・安心に保存することが可能になります。

本製品は2013年度中に試作品の開発を完了し、2014年の春頃に量産を開始する計画です。SSDコントローラICの開発をすることによって、日本の半導体業界において好調なNANDフラッシュメモリ市場に対して少しでも貢献できるように努力いたします。

≪助成事業の概要≫
データ処理が高速でかつ低電力という利点により急激に市場を拡大しているSSDにおいて、信頼性が問題となっている。今までは既存技術を工夫して使うことにより信頼性の低下を防いでいたが、限界が迫りつつある。弊社は独自の信号処理技術というアプローチにより、SSDの信頼性を劇的に高める技術の開発と実用化を目指す。

≪独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の発表≫
「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に係る助成先の決定について

以上

2013年4月30日
株式会社シグリード
代表取締役社長兼CEO 江角 淳